トリマー資格とドッグトレーニング資格まとめ

スキルアップに必須なトリマーの基礎知識

トリマー資格とドッグトレーニング資格まとめ

動物好きの人の中には、できれば毎日動物と関われる仕事に就きたいと思っている人がいるかもしれません。そんな人にペットトリマーは人気の職業です。ペットトリマーになるためにはどのような基礎知識が必要になってくるのでしょうか?

 

ペットトリマーとはペットの美容師のことで、主に犬や猫の毛を刈って整えることを仕事にしている人です。ペットの毛が伸びすぎると、見た目や印象が悪いだけでなく、汚れやホコリが付着してペット自信や飼い主の健康を害してしまうこともありえます。

 

ペットトリマーはペットの毛のカットやシャンプーを行ってくれます。その他にも、爪切りや耳掃除などの体のケアを行ってくれます。ケアを行いながら、ペットの体調の変化に気づいたらそれを飼い主に伝えるのもトリマーの仕事です。それでトリマーには、ペットのカットやシャンプーをする美容の技術に加えて、動物の栄養、病気、飼い方に関する幅広い知識が求められます

 

 

ペットトリマーとして働くための国家資格はありません。つまり、どんな人でもトリマーとして働くことはできます。しかし、上記のように専門的な知識と技術が必要なため、ペットトリマーとして働いている人のほとんどは民間の資格を持っています。また、お店に雇ってもらうためには資格を持っている方が断然有利です。

 

どのようにスキルアップすることができるのでしょうか?ひとつの方法はペットトリマーの専門学校に通う方法です。プロになるための知識や技術を学校で学べます。犬や猫を実際に扱う実習を受けることもできます。基本的には卒業試験に合格すれば資格を取得でき、就職先をサポートしてくれる場合もあるでしょう。

 

別の方法としてペットトリマーの通信講座を受けて資格を取得することもできます。時間がなく通学ができない人や自宅で勉強したい人に向いています。主婦や仕事をしている人でも、空いた時間を利用して学習することができます。

 

講座を終えて検定試験にうかれば、トリマーの資格を得ることができます。トリマーの就職先としては、ペットトリマー専門店、動物病院やペットショップが考えられます。ペットトリマーに向いている人は、とにかく動物が好きということです。動物を扱うのは骨の折れることなので、本当に好きでないと続けられない職業です。

トリミングを効率的にするには犬との信頼関係が必須

トリマー資格とドッグトレーニング資格まとめ

トリミングを行う際に、犬や猫が暴れまわってしまうと上手に毛を刈ることができませんし、刃物を扱う職業なので危険も伴います。実際に大ケガや死亡事故につながってしまうこともあります。

 

トリミングを効率的に行っていくためにはペットとの信頼関係が必要です。動物によって信頼関係の築き方は多少異なるとは思いますが、トリミングを行う機会の多い犬を例えに信頼の築き方を考えてみましょう。

 

いろいろな性格の人がいるのと同じように、犬の性格もそれぞれです。犬種の違いによって多少性格が異なりますし、それぞれの個体、育った環境などによって性格が変わってきます。好き嫌いも異なります。

 

トリミングに関して言うと、シャンプーが苦手な犬、歯を触られるのが嫌な犬、耳を触られるのが嫌な犬、とにかくじっとできない犬など、さまざまです。犬は人間のように話すことができないので、自分の嫌いなことを口で表現することはできません。

 

そうなると、トリミングを含め、体のケア自体が犬の負担となってしまうことがあります。一度イヤなイメージが付いてしまうと、次はもっと過敏に反応してしまってケアがなかなか進まない、と悪循環に陥ってしまいます。トリミングを効率的に犬に負担をかけずに行うためには、良いコミュニケーションをはかって信頼関係を築くことが大切です。

 

上手なトリマーというのは犬と打ち解けるのが非常に早いです。そして恐怖や緊張感を与えさせないためのテクニックやその人自体の性格も大切です。様々な仕草や反応から犬の性格を読み取り、その犬の性格や嫌いなことを、苦手なことを把握しながらそれぞれにあったケアを行ってくれます。

 

例えば、人に触られるのが苦手な犬の場合は、リラックスできるような部屋でまずは遊んでもらいながら、少しずつ触られることに慣れさせます。その日に行えるケアは限られているかもしれません。

 

それでも、何度も顔をあわせることによって友だちとなり、信頼関係が生まれてくると、たくさん触らせてくれたり、ケアの量を増やしても拒否反応を示さなくなります。一気にケアしようとするのではなく、少しずつでもいいので、犬の負担にならないようにケアしていくことが大切です。

すぐに犬と仲良くなるためのポイント

トリマー資格とドッグトレーニング資格まとめ

良いトリマーは犬との距離の詰め方が上手で、初対面でもすぐに犬と仲良くなることが多いです。

 

すぐに犬と仲良くなるためのどんなポイントがあるのでしょうか?ひとつのポイントは、自分の匂いを嗅がせるということです。犬の嗅覚はとても鋭く、それによって情報を得ようとします。

 

嗅ぎ慣れない匂いだとはじめのうちはとても警戒するので、犬が気がすむまで匂いをかいでもらいます。軽く握った手の甲や、頭の匂いが効果的な場合もあります。匂いをかいでいるときに気をつけたいのは、急に体勢を変えたり、急に立ち上がったり、大声を出したりしないことです。

 

はじめての犬と接する時はできるだけ動作は遅く、なるべく大きな音を立てないように注意しましょう。急な動作や大きな音は犬をとても驚かせ、不安にさせてしまいます。

 

犬と仲良くなる別のポイントとして、優しい口調で犬に話しかけるのは良いことです。犬は聴覚も優れており、耳からたくさんの情報を得ようとします。落ち着いた優しそうな声は犬にも伝わります。逆に、犬が怖くて緊張していたり、声が上ずっていたり、甲高かったりすると犬の警戒心も上がってしまいます。

 

犬と会話することはとてもよいコミュニケーションです。犬は喋れませんが、声によるコミュニケーションは大切です。犬は賢いので人間の言葉をある程度聞き分けて理解することができます。会話の全てを理解できなくても、よく使われる単語は聞き分けて理解しています。

 

声のトーンや話す人の表情で味方か敵か、どんな人物なのかをある程度判断しています。そして犬自身も声に反応して、犬も尻尾をふったり、鳴き声を発したり、表情を変化させて感情を表現しています。こうしたコミュニケーションの積み重ねが信頼関係を生むのです。

 

言葉をかけながらコミュニケーションをとると早く仲良くなれるかもしれません。ことはとても重要です。ここまで来ればある程度信頼関係はできてきて、犬に触れることもできているでしょう。スキンシップは良いコミュニケーションの基本です。

 

頭をなでたり、マッサージをされると犬はとても喜びます。嫌がるところは無理に触らずに、気持ちのいいところを探してあげてスキンシップをたくさんとって仲良くなってください。

犬との信頼を築ける資格・スキルの選び方

トリマー資格とドッグトレーニング資格まとめ

犬に関する資格やスキルをどのように選べばよいでしょうか?動物に関わる資格はたくさんありますが、国家資格としては獣医師免許しか資格がありません。国家資格ではないものの、様々な団体が犬に関する資格を認定しています。

 

通信教育のカリキュラムを修了すれば取得できるものもあれば、専門学校などに通って取得するものもあります。犬とどのように関わっていきたいかを考えれば、どんな資格を目指すべきかがわかってくると思います。

 

犬のしつけやトレーニングを専門に行いたいのであれば、ドッグトレーナーの資格があります。ドッグトレーナーとは、一般家庭で飼われている愛犬を預かって訓練や指導をすることができる人に与えられる資格です。

 

犬が人間と共同生活をする上で必要なしつけを行います。子犬が人間と共生できるように、食事のルール、留守番の仕方、来客に対する態度、トイレや散歩の仕方などを教え込みます。

 

問題行動のある成犬も訓練できなければなりません。吠え癖がある、噛みつき癖がある、急にとびかかってしまう、トイレがきちんとできない、言うことをきかない、といった問題のある大人の犬を矯正するための訓練です。

 

ペットトリマーは犬との信頼を築ける人気の資格です。ペットトリマーとはペットの美容師で、主に犬や猫の毛を刈って整えることができる人に認定される資格です。トリマーのスキルが身につけば、自分の飼っている愛犬をカットすることもできますし、自分好みにアレンジすることもできます。

 

たくさんの犬と触れ合って、犬とのコミュニケーション能力が向上します。ペットトリマーは体調の変化に敏感に気づいて飼い主に伝えるという仕事もあるので、人間とのコミュニケーションも必要です。

 

資格やスキルを選ぶ時には、犬に対してどんなことをしたいのかをイメージするといいでしょう。犬とどのように関わっていきたいか、愛犬に対してどんなことをしてあげたいかで目指す資格は変わってきます。

犬に関わるおすすめ資格ランキング

犬に関わるトリマーなどの仕事を目指したり、愛犬との距離をもっと縮めるために犬の知識を増やしたいと考えて、犬に関する資格を取ろうとする人が増えています。

 

犬に関する資格の中で人気なのはどんな資格でしょうか?おすすめの資格をランキング形式で紹介します。

 

ドッグトレーニングアドバイザー

ドッグトレーニングアドバイザーの特徴

まず第1位は「ドッグトレーニングアドバイザー資格」です。後ほど詳しく紹介しますが、簡単に言うと、家庭の犬に関する基礎的な知識、トレーニングの正しい方法を身につけることで認定される資格です。

 

「日本生活環境支援協会(JLESA)」が試験を実施し、資格を認定しています。資格取得後はドッグトレーニングアドバイザーとして活躍することができ、自宅やカルチャースクールなどで講師活動を行うことができます。

 

総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
ドッグトレーニングアドバイザーの総評
  • 家庭の犬のしつけ・犬のトレーニングが手順も含めマスター出来る。
  • ハンドサイン・おすわり他、色々な犬のトレーニング法が習得できる。
  • 資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで講師活動も可能。
公式サイトへ

犬のしつけインストラクター

犬のしつけインストラクターの特徴

第2位は「犬のしつけインストラクター」です。この資格のために勉強することで、犬種によるしつけの違い、首輪やハーネス、知育玩具を使ったしつけの方法を学ぶことができます。犬の性格に合わせたしつけの方法、ウンチを食べてしまうことや噛み癖、飛びつき癖、無駄吠えなどの悪い癖をなくすための対策ができるようになります。

 

また、犬を多頭飼育するための方法や、成犬、老犬の体調管理など実践的なスキルを学ぶことができます。この資格を取れば、動物病院、トリミング専門店、ペットホテル、ドッグカフェ、ドッグランなどでのしつけ方法や過ごし方といった、マナーに関する知識を有していることも証明されます。

 

資格取得後は、犬のしつけインストラクターとして仕事ができ、自宅やカルチャースクールで講師として働くことができます。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4
犬のしつけインストラクターの総評
  • 犬の性格別によるしつけの方法などの知識が身につく。
  • 無駄吠えへなどの上手な対応が出来るようになる。
  • 自宅やカルチャースクールなどで講師活動が可能。
公式サイトへ

 

一番おすすめなのは「ドッグトレーナー資格」

トリマー資格とドッグトレーニング資格まとめ

ランキングで紹介した通り、愛犬との距離を縮めるためにオススメの資格は「ドッグトレーニングアドバイザー資格」です。これは、日本生活環境支援協会(JLESA)という団体が認定している資格です。

 

ドッグトレーニングに関する基礎的な知識を有していることを認定する資格です。例えば、アイコンタクト、ハンドサイン、おすわり、伏せ、待て、おいで、甘噛み、玄関チャイムへの反応、来客への対応、室内のトイレの仕方、屋外でのトイレの仕方、散歩などに関するトレーニングスキルです。

 

受験資格は特にありません。受験料として10,000円が必要です。受験の申請はインターネットで行い、自宅で受験することができます。試験は偶数月に行われています。平成29年は2月、4月、6月、8月、10月、12月に実施されます。年に6回行われるので、自分のタイミングに合わせて自由に時期を選ぶことができます。

 

受験申込期間は試験実施月の前の1ヶ月間です。つまり、12月に試験を受けたい場合は11月1日~11月30日までに申し込む必要があります。日本生活環境支援協会の公式ホームページから申し込んでください。

 

試験実施月の20日から25日が試験期間となります。試験期間中に送られてきたものに解答し、それぞれ月末の提出期限までに返却用の封筒で解答用紙を送り返してください。合否通知は試験実施月の翌月20日に発送されます。全体の70%以上の評価で見事合格となります。

 

ドッグトレーニングアドバイザー資格を取得するためには、認定試験に申し込んで合格する他に、インターネットで申し込める通信講座を受講することによっても資格取得の勉強をすることができます。「諒設計アーキテクトラーニング」の「ドッグトレーニングアドバイザーw資格取得講座」を受講することで資格取得に近づくことができます。

 

講座には通常講座とスペシャル講座があり、スペシャル講座を選択すれば、添削課題をクリアした後、卒業課題を提出することで試験免除となり、卒業と同時に資格を取得することができます。

 

すぐに資格を取得したい場合や確実に資格を取得したい場合はスペシャル講座がおすすめです。本人の努力次第では最短2ヶ月で資格を取得することも可能です。また、「通信教育・通信講座SARAスクールジャパン」が実施している「ドッグトレーニング」講座でも、ドッグトレーニングアドバイザー資格を取得することが可能です。

 

SARAスクールジャパンで使用する教材はオリジナルで初心者でもわかりやすく作られているので安心です。プラチナコースを選択すれば、無試験で卒業と同時に資格を取得することができます。

まとめ

トリマー資格とドッグトレーニング資格まとめ

トリマーの仕事は主にペットの毛を刈ることですが、それだけが仕事ではありません。シャンプー、爪切り、耳掃除などの技術も求められます。

 

さらに、肌や毛を直接さわって感じた健康状態を飼い主に伝えるというのもトリマーの仕事です。ですから、犬の病気や飼い方についても正しい知識が必要です。トリミングを効果的に行うためには、ペットとの良いコミュニケーションが欠かせません。

 

良いトリマーは初対面でも犬と仲良くなるのが早かったり上手だったりします。犬をおびえさせずにコミュニケーションをはかって、信頼関係を築くことに長けています。コミュニケーション能力やスキルを高めるために、犬に関する資格の取得を目指す人もいます。

 

おすすめの資格は「ドッグトレーニングアドバイザー」と「犬のしつけインストラクター」です。これらの資格は、認定試験を受ける方法と、通信講座を受講して学習することにより取得する方法があります。

 

資格取得後はトリミングで学んだことを活かせますし、動物病院、ペットホテル、ドッグカフェ、ドッグトレーナーなどさらに活躍の場が広がるでしょう。犬をはじめ、ペットには癒しの効果があります。ストレスの多い現代社会において、犬を飼う人は増えていますから、犬に関係する知識や技術を持っている人材はこれからも求められるでしょう。

比較ページへのリンク画像