ペットショップのトリマーに採用されるのに必要なこと

ペットショップのトリマーに採用されるのに必要なこと

コミュニケーションのスキルを磨くことが大切

ペットショップのトリマーに採用されるのに必要なこと

ペットトリマーとしてショップで働く人は犬や猫のシャンプーやカット、爪切り、耳掃除や健康チェックを行ないます。

 

「大切なご家族」を飼い主の方からお預かりして必要な手入れやケアを行なう訳ですから、飼い主の方のご要望や相談、不安に感じていることなどをよくお聞きした上でその依頼に沿ったトリミングを行なうことが求められます。

 

それで飼い主の方と積極的に関わりをもつようにし、できるだけ意向に沿い信頼関係を築いていくにはコミュニケーション能力を磨いていく必要があるでしょう。それによりまたこのトリマーさんに依頼したいと思ってもらえるようになります。

 

トリミングのスキルを磨こう

トリマーとしてのいちばんの仕事は何といっても「トリミング」ですから、カットやスタイリングのスキルを磨いておくことは重要です。

 

犬だけを取り上げてみても種類は100種類にも上り、性格も大きさも、毛質の特徴もすべて異なります。それぞれの特徴や性格をとらえる必要もありますし、飼い主の方の要望に沿うことも求められるのでスキルは非常に大切です。

 

流行りのカットを覚えておくことはもちろんのこと、新しいスタイリングやデザインカットを勉強しておきましょう。

 

プロのトリマーとして動物に関わるためには専門的な知識を学び、カットやスタイリングのスキルアップのために日々勉強して習得しておくことはたいへん重要なことと言えます。

 

社会人としてのマナーを磨いておこう

ペットショップやサロンでトリマーとして働こうと思う場合、接客サービスのマナーを社会人として磨いておくことは常識として大切になります。お預かりするペットも、依頼される飼い主の方もショップ側としては大切なお客様です。

 

口のきき方や応対の仕方はもちろんのこと、お預かりしたペットに対する接し方預かり方も丁寧で質の高いものになるよう心がけましょう。トリミングが終わって「またお願いします」と飼い主の方から言っていただけたなら合格です。

 

それはあなたがプロのトリマーとしてコミュニケーション能力に優れ、トリミングのスキルがあり、さらに店員としても信頼していただけた証拠になるからです。ショップ側がトリマーを採用しようと考える時にもこのようにバランスが取れた人に仕事してもらいたいと思うはずです。

 

まとめ

ペットトリマーとしてさまざまなスキルや知識を磨き、求められる役割をしっかり果たせた時に自分の自信にもつながりますし、やりがいのある仕事へと変わっていくでしょう。トリマーはペットの健康や美容に貢献でき、さらに飼い主の方の笑顔や喜びを感じられるすばらしい仕事です。

比較ページへのリンク画像