トリマーの時給と稼げる平均金額

トリマーの時給と稼げる平均金額

やりがいのあるトリマーとしての仕事

トリマーの時給と稼げる平均金額

日本においてご自宅で犬や猫などのペットを飼っているという世帯はなんと「3世帯に1世帯」とも言われています。ペット人気が高まる中で仕事としても注目されてきているのは「ペットトリマー」という仕事です。

 

犬や猫も毛が伸びたり生え変わったりしますが、伸びすぎたままにしておくと見た目に良くないのはもちろんのこと、汗や汚れが付きやすくなるので不衛生で健康にも良くありません。さらに爪を切ってあげたり耳掃除をしてあげることも健康管理のためには欠かせないことです。

 

でもペットは動き回りますし、ご家庭でトリミングをするのは大切なペットに傷をつけでもしたら怖いしちょっと不安…とおっしゃる飼い主さんも多いでしょう。そんな飼い主さんやワンちゃん猫ちゃんのために代わりに専門的な知識やスキルを持ってトリミングをするのが「ペットトリマー」の大事な役割なのです。

 

ご家庭の大切な家族の一員であるペットがいつまでも元気に健康に過ごせるようケアをし手助けできる、やりがいのある仕事と言えます。

 

ペットトリマーとして働くために

トリマーをビジネスとして行ないたいなら美容の知識やスキルだけでなく、動物との接し方や栄養や病気に関する事などそれ相応の知識が必要になります。現在トリマーの資格は国家資格ではなく民間資格となっていてその種類もさまざまです。

 

トリマーの専門スクールに通って実地訓練のスキルアップを目指したり資格を取得することもできますし、ご自宅で通信講座で勉強して資格を取ることも可能です。ペットショップでアルバイトをして経験を積みながら、空いている時間を活用して資格を取るための勉強をされている方もいます。

 

いずれにしてもビジネスとして長くペットに関わっていきたいのであれば資格をきちんと取って知識やスキルを磨きましょう

 

トリマーの働き先と平均的な報酬額について

ペットの美容に関わる仕事ですから、働き先としてはペットショップやペットサロン、また動物病院などでトリマーとして働くことができます。個人経営か、アルバイトなのか正社員なのかその雇用形態によって、あるいは地域によっても時給や働ける月収も変わってきますが、平均的には時給で言えば750円から1200円、手取りは13万から22万くらいとなっているようです。

 

ペットショップのような店員としての働きも求められるところでは、接客サービスや商品知識も必要になり、社員として起用してくれるところも多いです。ペットサロンや動物病院は個人経営がほとんどで比較的収入が見込める働き先ですが、雇用形態としてはアルバイトのほうが多いようです。

 

自分がどのような形で動物と関わっていきたいか、または見込める収入によっても働き口は変わってくるでしょう。

 

まとめ

ペットトリマーは資格も大切ですが、実地訓練を受けてスキルアップしておくことが非常に大切です。トリマーになる事を決めておられるのであれば、大手のペットショップなどでアルバイトをして実際にトリミングのスキルを磨いておくことも良いかもしれません。

比較ページへのリンク画像