トリミングする時の注意点

トリミングする時の注意点

自宅でトリミングする時のポイント

トリミングする時の注意点

ご自宅の大切なワンちゃんの健康や美容を維持するためにペットショップやサロンに行ってトリミングをされている飼い主さんも多いと思います。

 

でも本格的なカットをするまででもなく、少し毛並みを整えるだけという場合や爪切りはできるだけ自分で家でやってコストを節約したいと思われるかもしれません。

 

自宅で毛や爪のカットをしてあげる場合、ワンちゃんと飼い主さんとの間に絶対的な信頼関係があることが必須条件となります。飼い主の待てや伏せの合図にきちんと従うことや、身体を触られても嫌がらないことを確認しておきましょう。

 

普段からコームなどで毛並みを整えてあげたり爪を整えてあげることを、比較的幼いころから飼い主が行なって関わりを持っているとトリミングもそこまでハードルの高いものとはなりません。

 

用意しておくとよい道具

まず毛のカットを行なうのに用意するとよいのは、「ペット用のバリカン」です。ハサミでカットするのはやめましょう、ワンちゃんが動いたときに皮膚を切って怪我をさせてしまう原因になりかねません。バリカンは短時間でさっと終わらせられるのでワンちゃんに与えるストレスを最小限に抑えることができます。

 

バリカンはペットショップで売られていますが、選ぶ時は音が小さいものを選んで音に敏感なワンちゃんに配慮してあげましょう。また足裏や足回り、おしりの周りの毛をカットすることも考えると小回りの利くものや、コードレスタイプのバリカンを選ぶことをおすすめします。

 

トリミングで注意できること

カットしてあげる時はなるべくワンちゃんを高い位置におきましょう。犬は高いところが苦手ですからあまり動かないようになります、そうすることで安全にけがをさせないでトリミングしてあげられます。

 

また初めてトリミングをする時はあれもこれも全部一気にしようと思わないで、ワンちゃんがバリカンの音やはさみを目にして怖がっていないか、一つ一つゆっくり確認しながら行なうようにしましょう。

 

飼い主さんの側も緊張して思った形にカットできなかった、失敗してしまうということも初めのうちはあるかもしれませんが、多少間違ってもまた毛は伸びてきますから、あきらめずに何度もトライしてみてください。

 

爪を切ってあげる場合も焦らずにでも素早く終わらせるようにし、万が一切りすぎて血が出てきた時に備えて「止血剤」も用意しておくことをおすすめします。

 

まとめ

大切な我が家のワンちゃんをいつも清潔で見栄えの良い状態に保っておきたいですね。大まかなところや難しい場所はプロのトリマーさんにお任せするとしても、自宅でもこまめにトリミングでケアをしてあげて、ワンちゃんと飼い主さんの信頼や愛情関係も深め合っていきましょう。

比較ページへのリンク画像