ドッグトレーナーにできること

ドッグトレーナーにできること

犬と仕事をする前に知っておきたいこと

ドッグトレーナーにできること

色々な動物がペットとして飼われている現代ですが、その中でほかのどの動物より人間と密接な関わりを持ってきたのが、犬です。この人間社会の中で人と犬とが互いに共存しあって仲良く暮らしていくためには、犬の習性や特性について知っておかなければなりません

 

人と暮らす犬は大きく分けると家庭の中でペットとして飼われる犬と、使命をもって社会的な役割を果たす仕事犬に分けられます。家族の一員として家庭で飼育されている犬は現在「3世帯に1世帯」ともいわれ、しつけや訓練に対する意識も高まり、ペットとして生涯大切に扱われる犬がほとんどです。

 

では仕事をする犬として社会に貢献している犬にはどんな犬がいるでしょうか。

 

さまざまな場所で活躍する犬の役割とは

現在さまざまな犬が使命感をもって活躍しています。その中にはたとえば警察犬や捜索犬、救助犬として活躍してくれている、シェパード・ドーベルマン・ジャーマンといった犬種がいます。国内で起きてきた大震災などの災害の時に育成された救助犬の役割がこれからますます必要とされています。

 

さらに障がいを抱えている方を支える、盲導犬や介助犬、聴導犬の役割は欠かせません。犬種としてはおもにラブラドルレトリバーやゴールデンレトリバーがこの仕事に適して用いられています。

 

街中を歩いている時も、公共施設や乗り物を利用する際も、なんの問題も起こさないようによく訓練され、障がいを持つ方の手足や目や耳となって支える働きをしてくれているのです。

 

ドッグトレーナーはしつけのプロ

人と犬とが快適に生活していくためにしつけや訓練の仕方にも注目が集まってきています。良いしつけは双方の信頼関係を深めるのにとても重要です。その中で犬のしつけ方を教える「ドッグトレーナー」というプロの資格を持った人の役割が社会に求められる存在として注目されてきました。

 

警察犬や盲導犬のような仕事をする犬に求められる訓練を行なうだけではなく、ご家庭の中で目に余る問題行動を起こしてしまう犬の正しいしつけ方を飼い主の代わりに行なうこともしています。散歩やトイレやお留守番のような、人と暮らしていく上で必要なマナーやルールをプロの立場から丁寧に教えてくれるのです。

 

まとめ

現代において犬と関わることが多い社会で、人間も犬も互いに信頼しあって暮らすのにしつけや訓練は欠かせません。ドッグトレーナーは犬の特徴や生態、食事や栄養、病気や健康に関する詳しい知識やマナーやしつけのノウハウを熟知し、本格的なスキルを身につけて訓練を行ないます。

 

ドッグトレーナーの資格は通信の資格講座でも取得することができます。犬が大好きだという方、今後ますます需要が高まると思われる「ドッグトレーナー」という資格を取って犬に関わる仕事をしてみるのはいかがでしょうか。

比較ページへのリンク画像