トリマーに求められていること

トリマーに求められていること

トリミングのスキルアップを目指そう

トリマーに求められていること

ペットトリマーの役割は犬や猫などのペットの毛をシャンプーカットし、ブローしてきれいに整えたり、耳掃除や爪カットを行なうことです。トリマーの民間資格はたくさんあり、いずれかの資格を持っていることは働く上で有利になりますが、特に「ペットの美容師」としてカットやスタイリングのスキルを磨いておくことは大切です。

 

犬だけでも100種類もいると言われ、性格も大きさも、毛質の特徴もすべて異なり一様ではありません。また個々のペットの性格も違いますし、飼い主の方の要望もさまざまですからそれに沿ったトリミングを行なうにはスキルアップは非常に重要といえます。

 

流行りのカットを覚えておくのはもちろんのこと、新しいスタイリングやデザインカットも勉強しましょう。プロのトリマーとして専門的な知識を学び、カットやスタイリングのスキルアップのために日々勉強して習得しておくことが求められているのです。

 

ペットとの関わり方を心得ておこう

お預かりする大切なご家庭のペットはトリマーにとっても大切な「お客様」です。ですからまず「お客様」についてよく知っておかなければなりません。トリミングをする前にペットの体調をチェックやケアを行なうことや、トリミングをしている最中に動いたり暴れてしまう事もあるので、上手になだめる方法や抑える方法を知っておくことも大切でしょう。

 

さらに「お客様」の種類や、性格も特徴もみな異なりますから、さまざまな動物について勉強して個々に合った体調管理やケアができるように知識を得ておくことは非常に大切です。

 

トリマーとして働く上で役立つ資格

ここで取り上げてきたようにトリマーとして働くためには美容の知識やスキル、さらには動物との接し方や体調のケアなどそれ相応の知識が必要になってきます。トリマーの資格は国家資格ではなく民間資格となっていて働くのに必ずしも資格が必要なわけではありませんが、採用する側としてはどんな資格を持っているかは採用の目安となるでしょう。

 

資格はご自宅で通信講座で勉強して取得することもできます。通信の資格講座の中には本での勉強だけでなく、実際にペットに触れて現場で実際に訓練を受けられるものもあります。

 

学びと実技の両方でトリミングのスキルアップが出来て、しかも資格も得られるということで、トリマーを目指す方にとってとても人気となっています。いずれにしても仕事として長くペットに関わっていくのに資格を持つことは必ず役に立つと言えます。

 

まとめ

トリマーはさまざまな動物と触れ合えて、動物が大好きな方にとっては幸せな職業と言えますし、ペットを幸せにすることで飼い主さんも幸せにできる、とてもやりがいのある仕事といえます。ペットを飼っている家は「3世帯に1世帯」と言われる日本でますます活躍の場が広がっていく仕事になるに違いありません。

比較ページへのリンク画像