安全にトリミングの練習をする方法

安全にトリミングの練習をする方法

トリミングに信頼関係は不可欠

安全にトリミングの練習をする方法

ご自宅の大切なかわいい愛犬の健康や美容を保つために、毛を短くしたり爪を切ったりといった普段のお手入れを行なってトリミングされている方も多いと思います。

 

犬の中にはバリカンやはさみや爪切りを見せても使っても、全く大人しくやらせてくれるワンちゃんもいるとは思いますが、たいていは体を抑えられた状態で、音がするバリカンや先端のとがったはさみや爪きりを使われるのは犬にとって少なからず恐怖心やストレスを感じさせるものとなります。

 

よって嫌がってうなり声をあげたり、暴れて噛みつこうとしてしまう危険もあります。ケガをさせないように安心させた状態でトリミングを行なうために重要なのはスキルや知識だけでなく、愛犬との間にどれだけ信頼関係が築かれているか、ということなのです。

 

それで普段からスキンシップを取ったり、飼い主の指示や合図にきちんと従うように教えることで、信頼関係を築いておくことは大切です。

 

自宅でトリミングをする際に

初めてトリミングをしてあげる時は飼い主の側も愛犬も緊張の連続です。最初から一人でしようとは思わずに、二人体制で行なって練習を重ねていきましょう。毛のカットをしてあげる時はなるべく犬を高い位置におくことで、犬は高いところが苦手ですからあまり動かなくなります。

 

そうすると安全にけがをさせないでトリミングをしてあげられます。またトリミングにはさまざまな道具を使いますが、たとえば愛犬がバリカンの音やはさみを見て怖がっていないか、一つ一つゆっくり確認しながら行なうようにしましょう。

 

飼い主の待てや伏せの指示にきちんと従うかどうか、体を触られても嫌がらないかどうかも確認しておくのは大切です。普段からコームで毛並みを整えてあげたり爪を整えてあげることを行なってあげると、さらに一歩進んだトリミングも犬にとって受け入れやすいものとなるでしょう。

 

プロのトリマーとしてスキルアップを目指したいなら

トリマーとして働くためには、トリミングに関する知識を身に付けるだけでなく、実際のスキルが重要になります。そこで悩みとなるのはトリミングの練習の回数をどうやって増やしていったらよいか、ということかもしれません。

 

先ほども取り上げたようにトリミングには犬との信頼関係が大切ですから、やはりいちばん練習させてもらえるのはご自宅の愛犬、でしょう。またご近所の犬と仲良くなって練習させてもらう方法もあります。

 

さらにいちばん手近なスキルアップ法としてはペットショップやペットサロンでアルバイトをさせてもらいながら実践を積んだり、上手な先輩方のテクニックを学ぶことが挙げられます。

 

まとめ

最初から上手にトリミングしてあげられる方はいません。時には失敗も繰り返しながらでも何度も練習を重ねることで、スキルを磨くことができます。犬にストレスを与えないためにも少しづつ始めて、お互いにケガのないように安全のうちに行ないましょう。

比較ページへのリンク画像