トリマーに必要なスキルと知識

トリマーに必要なスキルと知識

まず大切なのは動物への思いの深さ

トリマーに必要なスキルと知識

ワンちゃんや猫ちゃんなど、たくさんの動物と関わることになる「ペットトリマー」という仕事ですが、やはり動物が好きでなければこの仕事は難しいでしょう。

 

動物は言葉を話せませんから、コミュニケーションをとるのは大変です。

 

さらにたとえばワンちゃんだけを取ってみてもみな同じように一様というわけではなく、その種類も100種類近くあり性格も大きさも体の特徴もすべて違います。暴れたり動き回ることもありますから体力も必要になってきます。

 

それでも待遇面でそれほど恵まれているわけではないので、よっぽど動物への愛着が深く、動物が好きだという方でなければ務まらない仕事と言えます。

 

動物について知っておくべきこと

ペットトリマーはワンちゃんや猫ちゃんの毛並をカットし整えたり、爪をカットしたり耳のお掃除をする仕事です。ですからまず動物についての知識がないといけません。トリミングをする前にペットの体調をチェックすることも仕事に含まれているのです。

 

また動物はトリミングをしている最中に動いたり時には暴れてしまう事もありますから、なだめる方法やうまく抑えるやり方を知っておくことも大切でしょう。

 

しかも先ほど述べたように動物は種類もさまざまで、性格や特徴も異なりますからそれぞれに合わせた体調管理やケアができるようにペット全般について知識を持っておくことは非常に大切です。

 

実際にペットのちょっとした変化にトリマーが気付いたことが大きな病気のトラブルを防ぐことに役立ったこともあるのです。

 

必要なトリミングの知識とは

ペットトリマーの主な仕事内容は「ワンちゃんや猫ちゃんの美容師」としてシャンプーしたり毛のカット、ブラッシングをすることです。動物の種類によって毛の長さや太さ、硬さが異なりますから、毛質や肌質によってトリミングのやり方は変わってきます。

 

皮膚炎にかかっていたり、皮膚がデリケートで弱い子もいるでしょう、そうした動物には他と同じようなシャンプーは使えないでしょうし、ドライヤーの熱風も良くない場合があるかもしれません。それぞれの個体に合わせたトリミングのやり方を知る必要が出てきます。

 

さらに毛のカットもただ短くすればよいわけではなく、飼い主さんによって依頼されるデザインカットも異なるでしょう。ショーに出るようなカットであればプロ並みのスキルが必要にもなります。

 

トリミングの知識だけでなく「美容師」としての腕を磨いておくこともトリマーの大切な仕事です。

 

まとめ

ペットの体調をよく見極め、よりセンスのあるスタイルに仕上げていくことがペットトリマーの大切な仕事です。飼い主さんとよくコミュニケーションを取り不安や心配を取り除き、それを施術に反映させるスキルが求められてきます。

 

それで動物と関わることはもちろんのこと、人間との付き合い方接し方が上手である人に向いている仕事だと言えるでしょう。

比較ページへのリンク画像