ペットトリマーとして働く方法

ペットトリマーとして働く方法

ペットトリマーってどんな仕事?

ペットトリマーとして働く方法

トリマーとは「ペットの美容師」のことを言います。

 

犬や猫などのペットの毛をシャンプーしカットしてきれいに整えたり、耳掃除や爪カットなどを行なうプロのことです。

 

犬や猫も毛が伸びたり生え変わったりしますが、伸びすぎたままにしておくと見た目に良くないのはもちろんのこと、汗や汚れが付きやすくなるので不衛生で健康にも良くありません

 

ご家庭の大切な家族の一員であるワンちゃんや猫ちゃんがいつまでも元気に健康に過ごせるようケアをし、手助けできるのがペットトリマーの役割なのです。

 

動物が大好きで、動物と関わる仕事に就きたい!と考えておられる方にはぜひおすすめできる仕事です。では実際にペットトリマーになるためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

ペットトリマーになるために

トリマーになるためにはただ動物が好きというだけでは不十分です。美容の知識やスキルも必要ですし、動物との接し方や栄養や病気に関する知識を持っていることも求められてきます。

 

現在トリマーの資格は国家資格ではなく民間資格となっているために、免許が必ずしも必要になるわけではありませんが、ことばも通じない動物とコミュニケーションを取り、なおかつ動き回る動物と上手に接しながらトリミングを行なうのは危険が伴う仕事です。

 

さらに犬だけでも100種類にものぼり性格や大きさ、毛質もすべて異なります。それぞれの特徴や性格をよくとらえてビジネスとして動物に関わるためには専門的な知識を学んで習得することはたいへん重要なことと言えます。

 

ペットトリマーの資格を取るための方法

早い段階からペットトリマーを目指している方にとってはトリマーの専門の学校に行って勉強すると良いでしょう。講師から直接教えてもらえますし、実地訓練を受けられるメリットもあります。

 

卒業するまでにトリマーの資格を取得することができていますし、学校が就職先のサポートも行なってくれますからすぐに仕事を始めることができるでしょう。

 

学校に通うことができないと言う方でも大丈夫です、通信講座で資格を取ることも可能です。ペットショップでアルバイトをして経験を積みながら、空いている時間を活用して資格を取るための勉強をされている方もいます。

 

いずれにしてもビジネスとして長くペットに関わっていきたいならば資格をきちんと取って知識やスキルを磨きましょう。

 

まとめ

ペットトリマーはさまざまな動物と触れ合い、さらに動物の健康管理に気を配れて、飼い主さんの笑顔も見れるとてもやりがいのある仕事です。

 

ワンちゃんや猫ちゃんをペットとして迎えている方は年々増えているので、トリマーの仕事はペットショップや動物病院などさまざまなところで活躍の場が広がる夢のある仕事だと言えるに違いありません。

比較ページへのリンク画像