信頼がないとトリミングは危険

信頼がないとトリミングは危険

大切なのは飼い主とペットの間の信頼関係

信頼がないとトリミングは危険

年に数回はペットショップやサロン、動物病院に行ってきちんとしたトリミングをお願いするけれど、毛を短くしたり爪を切ったりといった普段のちょっとしたお手入れはご自宅でやりたいと考えておられる方は多いでしょう。

 

ご自分の大切なペットのトリミングをしようと思う時にいちばん重要なのはスキルでも知識でもなく、ペットとの間に信頼関係が築かれているかということなのです。

 

なぜなら体を抑えられてバリカンやはさみや爪きりを使用されるというのはペットにとっては少なからずストレスや恐怖心を与えるものであり、嫌がるそぶりを見せたり暴れて噛みついてしまう危険もあるからです。

 

普段からスキンシップを取り合ったり、飼い主の指示や合図にきちんと従うように教えることで、互いに信頼関係が築かれているかを確かめておくことは大切です。

 

ペットのお手入れは小さい頃に始めよう

普段から足をふくのも嫌がったりブラッシングさせてくれないワンちゃんもいるかもしれません。そうすると毛をカットすることや爪切りはさらにハードルが上がってしまいますね。基本的にトリミングはペットが小さいうちから飼い主が関わることが大切です。

 

でももしかすると足ふきやブラッシングで過去に嫌な思いをした経験があるとブラシやタオルを見ただけで恐怖心がわいて吠えたりうなって嫌だということをアピールしてくるかもしれません。そんな時はまず恐怖心を取り除いてあげることが大切です。

 

少しづつトレーニングをするのが大切

ご自分のペットが何を嫌がるにしてもその基本的な対処法としてできることは、おやつを使って慣らすことです。ガムのような長持ちさせるおやつを与えてその間にお手入れを済ませましょう。最初から何もかもしようと思わずに初めのうちは道具を体にほんの数秒でも触れさせて慣らすだけで大丈夫です。

 

段階的に根気よく練習を重ねましょう。ペットの様子を見て少しずつ時間を延ばしていくことができます。ペットがトリミングやお手入れをする時にはおやつという「ご褒美」がもらえるんだ、と認識するようになると恐怖心から良い印象へと変化させていくことができます。

 

まとめ

トリミングをする時はまずペットの信頼関係が大切です。そして飼い主の側がスムーズにトリミングをできるようになるまでは一人でやるのではなく、二人体制で行なうようにして大切なご自分のペットを傷付けてけがをさせてしまうことがないように安全のうちにするようにしましょう。

比較ページへのリンク画像