ドッグトリマーになるには

ドッグトリマーになるには

トリマーがする仕事とは

ドッグトリマーになるには

トリマーがおもに犬を対象として行なう美容に関連した技術行為を「トリミング」と呼んでいて、外国では「グルーミング」という呼び方がされています。

 

おもな仕事としてはペットショップやペットサロン、動物病院などで犬のブラッシング、カットやシャンプーをして毛を整えたり、爪のカットや耳掃除といったことを行ないます。

 

「犬の美容師」ですが、皮膚の状態や健康チェックなども行ない、犬を病気から守る大切な役割も果たしています。犬は毛の長さも太さもみな違いますし、性格や特徴も異なるので、トリマーとして個々の犬に合わせたトリミングをするためには詳しい知識と高いスキルが求められてきます。

 

また飼い主の方の要望に沿ったさまざまなデザインカットを知っておくことも大切です。

 

ドッグトリマーの魅力とは

トリマーの仕事は報酬に比べると体力も使う重労働なので、ほんとうに犬のことが大好きで犬に関わる仕事をしたい方にはとても魅力もあり、長く続けられる仕事でしょう。日本においても犬をペットとして迎える方が本当に多くなっています。

 

いつまでも家族として長く暮らしていきたい方は大切な愛犬の健康や美容にもとても気を配りますから、トリマーの需要はますます求められてくるに違いありません。人間もそうですが、髪や爪を整えてきれいにしてもらうと幸せな気持ちになるものです。

 

動物も同じです、トリミングによって犬がほんとうに気持ちよさそうにして癒されている様子を見れるのはトリマーとしてはやりがいを感じられる瞬間に違いありません。大切な愛犬が幸せであれば飼い主の方も笑顔になります。たくさんの犬や人を喜ばせられる、魅力的な仕事です。

 

ドッグトリマーになるために

トリマーになるためには美容の知識やスキル、さらには動物との接し方や体調のケアなどの知識も求められてきます。トリマーは民間資格となっていて、必ず資格が必要なわけではありませんが、採用する側としては資格を持っている人のほうが安心してお願いできるに違いありません。

 

ドッグトリマーとしての認定試験は各団体のホームページから申し込むことができ、試験も自宅で都合の良い時を選んで受けることができます。団体が認定している通信の資格講座を使って取得すれば、最短でわずか二ヶ月で取ることができたり、試験を免除してくれる講座もあるようです。

 

知識を身に付けるだけでなく、実際に動物に触れて訓練を受けられる通信講座もあります。スキルアップを目指して自分に合った資格を取ることはドッグトリマーへの近道と言えるでしょう。

 

まとめ

ペット人気が高まる今、専門的な知識を生かして大切なペットをお預かりしてケアを行なうトリマーの仕事は、大切な役割を果たす職業と言えるかもしれません。またご自宅の大切な愛犬の幸せライフのためにトリマーのスキルを磨いてみるというのも良いでしょう。

比較ページへのリンク画像