ドッグトレーナーになるには

ドッグトレーナーになるには

ドッグトレーナーが果たす大切な役目とは

ドッグトレーナーになるには

「3世帯に1世帯はペットを飼っている」現代において犬の存在は私たちにとって欠かせない癒しの存在です。

 

家庭の中で家族として暮らしていく犬も多いですが、警察犬や盲導犬のように人のために働いてくれる犬の存在価値もとても大きなものです。

 

しかし犬が人間社会の中でストレスなく生活し、人と犬とが互いに信頼し合い共存してくためには犬をきちんとしつけて訓練することは欠かせません。

 

ドッグトレーナー」はその点で犬の特徴や生態、病気や健康に関する詳しい知識やマナーやしつけのノウハウやスキルを身に付けて犬のトレーニングを行なうのに大切な役目を果たす存在です。

 

警察犬や盲導犬のような仕事をする犬の訓練だけではなく、家庭の中で目に余る問題行動を起こしてしまう犬を正しいしつける方法を教えることができます。散歩やトイレやお留守番といった、人と暮らしていく上で必要なルールやしつけをプロの立場から丁寧に教えます。

 

ドッグトレーナーに求められる資格とは

現在日本では国家資格ではなく、さまざまな団体や学校が独自に認定している試験を受けて合格することで資格を取得することになります。ドッグトレーナーになるために必ず資格がないといけない、というわけではありませんがJLESA(日本生活環境支援協会)が主催する「ドッグトレーニングアドバイザー」を取っておくと良いでしょう。

 

資格がなくてもドッグトレーナーとして働くことは可能ですが、やはり犬のトレーニングに関係する詳しい知識やスキルを持っているほうが依頼を受けるにあたって、また仕事を探す上でも信頼を得やすいと言えます。

 

また就きたい職業種や関連する資格によってトレーニング方法や学ぶ内容も異なりますから事前にきちんと確認して、自分に合った資格を身に付けておくことも大切です。

 

ドッグトレーナーになるために

ドッグトレーナーを養成する専門の学校もあり、そこでは犬のしつけやトレーニングに関して実地訓練を受けることができます。講師から直接教えてもらえるので、より具体的にかつ実践で活用できる内容を学ぶことができるに違いありません。

 

いま別の仕事をしている、子育てなどの理由で学校に学校に通うことは難しい方もいるでしょう。最近は自宅にいながら空いている時間に勉強し、試験も受けられる通信講座も人気となっています。いくつかの複数の資格を取得できるものもあれば、認定試験が免除される講座もあるようです。

 

まとめ

ドッグトレーナーという資格やスキルがあるとさまざまな働き方ができるようになります。犬の訓練所で働いたり、自分でしつけインストラクターとして開業することも可能になるでしょう。

 

いまペットに関わるビジネスに携わっている方であればさらなるスキルアップのために「ドッグトレーナー」の資格を取ってみるのはいかがでしょうか。

比較ページへのリンク画像