ドッグトレーニングアドバイザーになるには

ドッグトレーニングアドバイザーになるには

ドッグトレーナーができること

ドッグトレーニングアドバイザーになるには

犬をペットとして飼う人が増え、人と犬が家庭の中においても社会においても共に関わりあうことが多くなりました。そうした中で犬にストレスを与えない正しいやり方でしつけやマナーを教えることのできる「ドッグトレーナー」は大切な役割を果たしています。

 

ドッグトレーナーは犬の性格や特徴をよく知り、犬の信頼を勝ち得る仕方でトレーニングをすることができるので、たとえ手を焼くような行動を取る犬であったとしても効率の良い仕方で教えていくことができます。

 

ドッグトレーナーは国家資格ではありませんが、さまざまな団体が認定する資格があるので、ぜひドッグトレーナーを目指す方はスキルアップのために取っておくと仕事をする上でも役立つでしょう。

 

ドッグトレーニングアドバイザーとは

さまざまなドッグトレーナーに関連する資格の中に、日本生活環境支援協会が主催し認定している「ドッグトレーニングアドバイザー」というものがあります。この資格はご家庭の犬のしつけについて基本的な知識やトレーニングのスキルを学んだ人に与えられます。

 

たとえば犬をしつける上でアイコンタクトやハンドサイン、「待て」や「伏せ」「おすわり」といった指示語を教えることは大変重要です。またトイレトレーニングや散歩、玄関のチャイムが鳴った時や来客者が来た時の対応の仕方など、多岐にわたる分野での知識やスキルを身に付けることができます。

 

この資格はご自分のかわいい愛犬とさらに信頼や絆を深めたい方にもぜひおすすめしたい資格です。資格を取ると自宅でしつけ教室を開いたり、カルチャースクールで講師として教えることもできるようになります。

 

試験の受け方や取得するのにかかる費用について

認定試験を受けたいならば協会のホームページにアクセスして申し込むことができます。受験料は税込みで1万円となっており、自宅で試験を受けることができます。何から学べばよいか分からないという方や専用のテキストが欲しい方には協会が認定する資格講座を申し込み学ぶことがおすすめです。

 

資格を取る最後までサポートをしてくれるうえ、分からないことにも丁寧に対応してくれます。自分の空いている時間に勉強できますし、最短でわずか二ヶ月という短期間で資格を取得できるのでたいへん便利です。

 

たとえば「諒アーキテクトラーニング」や「SARAスクールジャパン」では卒業する時に試験免除で資格を認定してもらえるので確実に資格が取得するのにおすすめです。

 

「ドッグトレーニングアドバイザー」の他にも日本インストラクター技術協会主催の「犬のしつけインストラクター」の資格にも対応しているのでスキルアップを目指したい方にはぜひおすすめしたい資格講座となっています。

 

まとめ

「ドッグトレーニングアドバイザー」はトレーナーのプロとしてビジネスで活用したい方だけでなくこれから犬を飼おうと思っている方や今飼っている犬のことをもっとよく知りたい方にも役立つ資格です。

 

犬の特性をよく知ってさらに犬に愛される飼い主を目指してみるのも良いかもしれません。

比較ページへのリンク画像